初心者のための個人資産運用TOP > 初心者のための個人資産運用講座:入門編 > あなたのライバルは誰?

あなたのライバルは誰?について

カウントダウンタイマー

株式投資初心者必見!
暴落時に損をすることなく稼ぎ続ける秘訣を暴露!

今すぐクリック!

 

株券は"証券会社"というところを通して
証券取引所で購入することになります。


という話をしましたね。



では、株券を購入した最大のメリットといえる
株価が上がるにはどうすればよかったでしょうか?



そうですね、あなた以外の株式投資家達が、
株券を売買して市場を賑わせてもらう必要があります。


そこで、今回はあなたのライバルとも言える
株式投資家達の種類についてお話ししていきます。



まず、株式投資を行なっている人達は
大きく3つに分けることができます。


1.外国人投資家
2.機関投資家
3.個人投資家


順に見ていきますね。



まず、1の外国人投資家。

「外国人というだけで、分類されるの?」と、
思われたかもしれませんね。


でも、驚くなかれ、
実はこの人達は、それだけ大きな影響力を持っているのです。


そして、厄介なことに、この人達は・・・


"非常に頭が良い"のです。


まぁ、ちょっと考えてみればわかりますよね。

自国内の株だけでは飽きたらずに、
海外などで取引をしようと考えている人ってのは、
やはりそれなりに、しっかりと勉強しています。


完全にアウェーで利益を得ようとしているのですから。


ちょっと言い過ぎかも知れませんが、
日本国内のハイレベルな投資家達が束になっても
勝てないかも知れません。



2の機関投資家という言葉は、
あまり耳なじみが無い人が多いでしょうね。


この機関投資家とは、主に、

・信託銀行
・証券会社
・事業法人
・投資信託
・銀行

などが当てはまります。


聞いただけでも、
デカイ資金を持っているのだろうなというのが
お分かりかと思いますが、正にそのとおり。


億単位の取引を行う大口の投資家が含まれていますので、
株価に大きな影響を与えるパワーを持っています



最後の3の個人投資家に当てはまるのが私たちです。


その名の通り、個人で株式投資をやっている
プロフェッショナルから、ド素人まで全てが含まれます。


基本、この3が株で損をする部類です。(苦笑)


この3種類の投資家達が市場において、
いかに利益を勝ち取るかを競い合っています。



取引量としては、
私たち個人投資家が2〜3割。
外国人投資家が5〜6割。
残りが機関投資家と言われています。


しかし、残念ながら私たち個人投資家は、
資金量(投資額)が外国人投資家や機関投資家に比べて
小さいことから、どんなに頑張ったとしても
株価に対する影響力は小さくなってしまいます。


本気でデッカく稼ごうと思ったら、
機関投資家や外国人投資家の行動を先読みして、
株券の売買を行うことが成功の秘訣
と言えます・・・。


ちょっと寂しいですね。(苦笑)


資産運用書籍人気ランキング

 



カウントダウンタイマー

株式投資初心者必見!
暴落時に損をすることなく稼ぎ続ける秘訣を暴露!

今すぐクリック!

 


初心者のための個人資産運用講座:入門編記事一覧

株券はどこで買える?

これまで色々と株に関するメリットをお伝えしてきました。少しは、挑戦してみようかな?という気持ちになってもらえたでしょうか?では、実際に株券を買おうとしたら、...

あなたのライバルは誰?

株券は"証券会社"というところを通して証券取引所で購入することになります。という話をしましたね。では、株券を購入した最大のメリットといえる株価が...

株の値段は誰が決める?

株式投資で最も気になるキャピタルゲイン(売却利益)。安い時に買って、高くなったら売るの法則は良いとして、では、どのようになったら株の値段は上下するのでしょうか?...

日経平均株価やトピックスとは?

ニュースや新聞、ラジオで聞いたことがあると思います。”日経平均株価”と”トピックス(TOPIX)”今日はこれについてお話ししますね。まず、これらはどちら...