初心者のための個人資産運用TOP > 初心者のための個人資産運用講座:超基本編 > なぜ配当金はもらえるか?

なぜ配当金はもらえるか?について

カウントダウンタイマー

株式投資初心者必見!
暴落時に損をすることなく稼ぎ続ける秘訣を暴露!

今すぐクリック!

 

株券を所持していることのメリットの一つに、
配当金として、売上の一部をもらえることを説明しました。



初心者のための個人資産運用<株式投資のメリット>



もう少し掘り下げてみていきます。



そもそも、株券を持っている人は、
どういう人だったか、覚えていますか?



そう、企業に対して、お金を貸した人ですよね。


そして、企業はその集まったお金を使って、
土地や機材、広告、技術などを仕入れて成長し、
売上を伸ばしていきます。


でも、原点に戻れば、
その資金は株主さんの大切なお金。


いうなれば、その売上を伸ばすために仕入れたものは、
株主さんの物であることになり、
極端な話、「企業は株主さんのもの」となります。


そして、その売上を伸ばして稼いだ利益に関しても、
株主さんが決める権利を有しているのです。


では、その利益をどのように利用するか・・・
となったとき、その一つに配当金があります。


前に書いたことなので、覚えているかどうか分かりませんが、
この配当金は非常に魅力的です。


銀行・郵便局に預けても現在の金利は、
せいぜい1%程度。


しかし、配当金となれば、
1%は当たり前なのですから。


ちなみに、株式投資でこの金利に当たる部分を
"配当利回り"といいます。

もちろん、計算方法は銀行・郵便局の金利と一緒です。


10,000円預けて、100円の配当金が貰えれば、
金利なら1%であるように、配当利回りが1%と言います。



では、どのくらいに配当利回りが魅力的なのか?
実際のデータを見てみましょう。

※参考資料:株式会社翔泳社「ど素人がはじめる株の本」


2009年2月27日時点の配当利回りの1位に
有楽土地という銘柄が来ていますが、
その株価は85円で配当利回りが11.76%となっています。



これはつまり、1株買うには85円必要で、
その分、金利は11.76%貰えますよ。
という意味です。


実際に計算してみましょうか。


この銘柄の株を1,000株買ったとします。
すると、金額は

85円×1000株=85,000円。


これの11.76%ということは、配当金(利子)が、
85,000円×11.76%=9,996円


とんでもない金額がもらえることがわかります。



実際に、この配当金のみで
生活している投資家もいるくらいですので、
株式投資がどれだけ魅力的かお分かりでしょう。


毎日あくせく働いて、ストレスが溜まるばかりの
つらい生活をされているのなら、
この配当金生活を目指してみるのも良いのでは?


今は夢物語にしか思えないでしょうが、
今後、株式投資を行なっていけば、
決して実現不可能で無いことが分かるようになりますよ。


資産運用書籍人気ランキング

 



カウントダウンタイマー

株式投資初心者必見!
暴落時に損をすることなく稼ぎ続ける秘訣を暴露!

今すぐクリック!

 


初心者のための個人資産運用講座:超基本編記事一覧

株式会社って何?

会社からの給料も削減され、残業代も出ない。かと言って、銀行・郵便局に預けていても利息なんてたかが知れている・・・。そこで、考えるのが資産運用(今回は株式投資...

借りたら株券で証明を

会社を設立し、銀行や信用金庫から資金を借りようとしたあなた。でも、金利が高すぎてどうしようか悩んだ末、あなたの事業を応援してくれる不特定多数の人からお金を借...

株式市場と株式投資

会社を設立し、資金調達のためにあなたの事業を応援してくれる不特定多数の人からお金を借りることに成功しました。そして、その借りた証明として株券を発行し、株券を...

株式投資のメリット

あなたの事業は成功し、あなたを応援してくれた株主に対して、お金や商品という形でお礼をすることができました。※お金:配当金※商品:株主優待すると、...

なぜ配当金はもらえるか?

株券を所持していることのメリットの一つに、配当金として、売上の一部をもらえることを説明しました。初心者のための個人資産運用<株式投資のメリット>...

株主優待の詳細と考え方

株主優待とは、株主となっている企業の商品やサービスを優先的に受け取れる権利でしたね。過去記事:初心者のための個人資産運用<株式投資のメリット> ...

株主総会の詳細と考え方2

株主総会とは、株主となっている企業の重要事項を株主が多数決で確認・決定するところでしたね。株主総会というと、何か偉そうな人達が一斉に介して、難しい単語ばかり...